テレワークの部屋

topbanner2

旭川市では、少子高齢化による労働力不足への対策として、結婚、出産、介護、疾病等の様々な理由で働けない方も、ICT(情報通信技術)を活用し、希望や適性に応じて柔軟に働くことのできる「テレワーク」の普及推進事業を実施してきました。
この「テレワークの部屋」では、「働き方をカエル!」をテーマに、地域におけるテレワーク関連の取組や最新情報を随時発信していく予定です。

 

働き方をカエル!
「働き方をカエル」のロゴマークについて詳しくはこちら

 

■これまでの取組

旭川市の企業におけるテレワーク
平成30年度旭川市テレワーク普及促進事業
インターネットを使った在宅ワーク、外注による業務効率化
旭川市クラウドワーカーチーム
旭川市クラウドワーカー情報提供サイト「ポンコタン」
ポンコタン
 

■関連ニュース

平成31年3月25日 テレワークの部屋ページを公開しました。