社会福祉法人楽生会
(特別養護老人ホーム楽生園)

掲載日 : 令和元年7月9日
ステータス : 募集中 UIJターン歓迎 


平成14年より旭川にて介護・保育事業をグループ展開する社会福祉法人楽生会。JR駅近くの中心街にある立地の良さを強みとし、入居する高齢者の生活を支えています。

面会も通勤もしやすい立地

—次長 野口達郎さんにお話を伺いました。

当法人は平成14年設立です。旭川市2条11丁目にケアハウス(軽費老人ホーム)という、低料金で比較的元気な利用者さんに住んで頂ける施設を建てたのがはじまりで、その施設の中でデイサービス(日中、利用者が施設に通ってレクリエーションや食事・風呂などのサービスを受けること)、居宅介護支援事業所(ケアマネージャーを配置し、在宅で生活する高齢者のためのケアプランを作成する)も併せて開設しました。7年前には特別養護老人ホーム楽生園を建設し、この4つで高齢者事業を運営しています。
保育事業も展開しており、先に挙げたケアハウスの一階に保育園、また旭川市内で初の「病児保育」という、医療行為が必要な乳幼児をお預かりする施設も建てました。そのほかに、市立旭川病院の院内保育園も委託事業として請け負っております。

当施設の強みとしては、旭川の中心街に施設がありますので交通の便がとても良いことですね。これは、利用者さんだけでなくそのご家族や職員にも大変喜ばれているポイントです。
郊外の施設ですと通いづらくなかなか面会が難しいですが、当施設では平日で約30~40組の面会があり、毎日訪問される方も7~8組あります。
職員も通勤しやすく、旭川市内であればどこからでもおおむねバス一本で通うことができますし、JR駅からも徒歩5~6分、タクシーでもワンメーターとなっておりますので、通勤のしやすさを重視される方に最適ではないかと思います。

幅広い年代の方が働いています

職員の年代は幅広く、下は18歳から上は80代まで働いています。職員間のトラブルもなく、色んな世代がバランス良く仲良くやっています。80代の職員は、元気に歩いて出勤していますよ(笑)。体力的に若い職員と全く同じ業務は難しいので、ベッドのリネン交換や食事の準備、食器洗いなど、補助的な役割を担っています。若い職員よりも利用者さんと話を合わせることがうまいので、僕らも勉強になりますね。
当施設では、新卒採用に力を入れており、市内や道北圏の高校・大学等を回って繋がりを作るように努めています。今年は7名(高卒5名、大卒2名)に入社いただきました。入社後もなるべくコミュニケーションを頻繁に取れるように、週に一回の面談を行いフォローしています。
中途入社も大歓迎です。今までには、UIJターンで介護の仕事を探していて入社した方、旭川市内の別の施設で働いていて転職してきた方など、色々な方がいらっしゃいます。
当法人のホームページで仕事の内容や職員の声を伝えています。具体的に当法人で働くイメージがしやすくなると思いますので、是非見てもらいたいです(笑)。

基本的には2交代のシフト制です。利用者さんの生活が第一ではありますが、職員にもそれぞれライフスタイルがあり、ライフステージの変化がありますので、それに応えられる色々な働き方のできる環境づくりを模索しています。
また、教育に関しては、月2回必ず研修を行っております。介護に関する研修と専門的な研修(医学系やリハビリ、感染予防など)があります。同じ内容の研修を時間帯や日程を変えて複数回開催することでなるべく多くの職員が参加できるように工夫しています。
札幌などで行われる外部研修にも積極的に参加してもらい、後日施設全体に伝達講習という形で落とし込んでもらいます。職員のプレゼンテーション能力の向上が図れますし、職員全体のレベルアップに繋がればいいなと考えています。

無資格でも働きながら資格取得ができます

—求める人材は。

採用する基準としては、まず誠実な人であることですね。
介護福祉士資格や介護職員初任者研修は持っているに越したことはありませんが、無資格でも大丈夫です。当施設で初任者研修の講座を開設しているので、受講して頂けます。外部からも受講者を受け入れて研修を行っており、同じ志を持った方が切磋琢磨できる環境を整えていますし、来年からは実務者研修も始めたいと思っております。
初任者研修でまずは介護の基礎を学び、当法人で働きながら3年の実務経験を積んで実務者研修を受け、いずれは介護福祉士を取ってリーダー格へとステップアップしてもらいたいですね。

—このお仕事のやりがいはどういったところにありますか。

特別養護老人ホームは利用者さんが一生を終える直前に生活するところであり、その生活をお手伝いするのが主な仕事となります。
職員はご家族より多くの時間を利用者さんと過ごすことになりますので、何気ない関わりのなかで喜んでもらえたり、嬉しそうな顔を見られたりすることは日々の活力になりますし、利用者さんが入居されている時間を充実して過ごしてもらえたならこんなに嬉しいことはありません。
また、利用者さんのご家族から「ここでお世話になって良かった」と感謝の言葉を頂いたときはとてもやりがいを感じます。

—未来の仲間にメッセージをお願いします。

何かわからないことがあった時にも、先輩職員からのサポートはきめ細かく、しっかりしているので、ひとりで悩まなくても大丈夫です。適宜、個人面談を行っていますし、悩みが小さいうちに、チームで解決していきます。
職員の個性を尊重し、プライベートの充実も全面的にサポートします。オンオフともに充実したあさひかわライフを送りましょう!

企業概要

企業名 社会福祉法人楽生会(しゃかいふくしほうじんらくせいかい)
所在地 旭川市2条通11丁目106番地
電話番号 0166-27-0070
FAX 0166-27-0033
メールアドレス noguchi.rakuseien@aroma.ocn.ne.jp
ホームページ https://rakuseikai.org/
創業 平成14年
従業員数 160人
業種 社会福祉事業
事業内容 高齢者福祉(特別養護老人ホーム、ケアハウス、デイサービス、居宅介護支援事業所他) 児童福祉(保育園)
本社・支社等情報 特別養護老人ホーム楽生園
旭川市1条通12丁目177番2  
電話:0166-27-0070
はたらくあさひかわプラスで
求人情報を見る