社会福祉法人いちもく会

掲載日 : 平成28年3月24日
募集職種 : 生活支援員
ステータス : 募集中 UIJターン歓迎 


いちもく会は障がい者福祉をメインに行う、社会福祉法人です。ボランティア組織であった当初の理念を引き継いで、利益よりも一人ひとりのニーズに合った形のサポートを追求しています。

−理事長の福岡晴夫さんにお話をお伺いしました。

施設は「いちもく旭川」と「いちもく神居」の2つがあり、いちもく旭川では就労支援B型の施設と、生活介護の事業所を別々の場所でやっています。就労施設の方は身体障がいと精神障がいの方々が通所していて、特にパソコンが得意な人たちが多いです。
いちもく神居は一階で就労、2階で生活介護という多機能型施設で運営しています。メインは知的障がいの方、そこに精神障がいの方も若干入っていますね。

寄り道して帰れるようになってほしい

利用者の送迎も行っていますが、これもどうなのかな、と思う面があります。帰り道に一杯お茶をしたり、行きつけのお店をつくって地域の方々と触れ合いながら、自分の生活圏を築いていって欲しいという思いがあり、それが利用者の方の社会性を広げることに繋がっていくと考えているからです。ですから、なるべくコンビニや喫茶店のある場所に事業展開しています。

DSC_0017

元々報道関係のカメラマンだったという理事長の福岡晴夫さん

−利用者の方はどんな風に過ごしていますか?
就労の作業としては大きく3つあって、1つ目はティッシュの袋詰めやラーメンの帯付けなどの内職作業。2つ目は地域情報誌の配達、チラシの織り込み。3つ目はメール便の配達作業です。
生活介護は主に余暇活動を行っています。算数、国語、英語の勉強、レクリエーション、散歩に行って身体を動かしたりなど、色々ありますね。全体の活動だと、宿泊研修、運動会、春と秋のレクリエレーションなど、2ヶ月に一回は行っています。

通所者は18歳〜56歳までさまざまです。色んな人が施設から巣立っていきましたが、近ごろ新規で入ってくる人たちは障がいの重い方ばかりですね。障がいの軽い人は養護学校を卒業してすぐに一般就労やパートに出て行けますが、障がいが重くて手厚く見ていかないといけない人たちは、行き場所がなくなっていっていると思っています。そういう方々をうちのような社会福祉法人では受け入れています。

利用者は裏表のない素直な方ばかりで、新人が入ってきても職員より受け入れが上手なくらいです。色んな障がいの方と接してきているので、関わり方に慣れているんですよね。うちは利用者にとても助けられていると思います。

DSC_0030

そばに寄り添う

−生活支援員の仕事は具体的にどのようなものですか?

基本は利用者それぞれの相談に応じる、作業や仕事の進め方についての適切なアドバイスをしていく、というのが仕事です。指導というよりは、側について見守るという姿勢が求められています。

−会社の雰囲気はどのような感じですか?
職員の8割型が女性ですね。数年前から高卒にも幅を広げて採用しているので、今は20代前半の若手が活躍しています。みんな頑張っていますよ。最初は知識がなくても、利用者と対等にぶつかっていって現場で学んでいきますね。

それから、笑顔を大切にする明るい職場です。フェイシャルフィードバックと言って、笑顔でいると回りも笑顔になるんですよね。そうすると自分も心が楽しくなる。時々みんなの表情が暗くなっていたりすると、朝のミーティングで「笑顔忘れないでね。」と言っていますよ。

DSC_0047

愛情と責任感を持って

早い人だと入社して1ヶ月2ヶ月くらいで、利用者の方が可愛いくて仕方なくなってくるみたいです。年上年下に関わらず、あの人可愛いね、気が合うねって。そのうち、ちゃんとご飯食べているかな、土日心穏やかにすごしているかな、と離れていても利用者を気に掛けるようになるみたいなんですよね。そいういう愛情と責任感のある人は長く続いていますよ。

職員が辞めると置いていかれた気持ちになる、という話を利用者から何度も聞いているので、できるだけ長く努めて頂きたいです。

−どんな人を求めていますか?

自分がやりやすいようにやるんじゃなくて、あくまでも利用者ベースでものを考える人です。何もさせなければ職員は楽ですが、失敗を経験してもらうことも大事にして接して欲しいと思います。それから利用者とのかかわりはコミュニケーションがメインですので、そこの能力も重要になってきますね。
資格のない人については入ってから半年〜1年で初任者研修を受けて資格を取ってもらいます。そのための休みもきちんと優遇しますので、安心して下さい。

愛情をもって人に接する事が好きな方、責任感をもって仕事にあたれる方のご応募をお待ちしています。

 

社員さんに個別にインタビューさせていただきました。ぜひご覧ください。
社会福祉法人いちもく会 川田華奈さん

企業概要

企業名 社会福祉法人 いちもく会(しゃかいふくしほうじん いちもくかい)
所在地 〒078-8335
旭川市南5条通22丁目1975番地326
電話番号 0166-73-3730
FAX 0166-73-3730
メールアドレス ichimoku@ithimoku.com
ホームページ http://www.ithimoku.com
創業 2005年
従業員数 20人
業種 社会福祉法人
事業内容 障害者福祉事業
本社・支社等情報 いちもく旭川: 旭川市5条通6丁目第二5条ビル
いちもく旭川南事業所:旭川市南5条通22丁目1975番地326
いちもく神居:旭川市神居2条9丁目2番12号

採用情報

職種 生活支援員
職務内容 障がい者通所施設での日中活動の支援、就労作業の支援等
雇用形態 正社員 
採用人数 1名
募集要件 学歴: 高校卒 短大卒 高専卒 大学卒 
資格免許: 普通自動車免許(AT限定可)
その他: 介護福祉士・社会福祉士等福祉系の資格があれば尚可
採用試験 あり(面接・筆記試験・その他) 
給与・諸手当 基本給:145,420円〜
通勤手当:6,500円まで
家族手当:規定により支給
住宅手当:10,000円 ※規定により支給
昇給 あり 
賞与 あり(年2回)

勤務条件

就業時間 8:30〜17:30(うち休憩60分)
休日・休暇 土曜日 日曜日 祝日 その他 (お盆・年末年始)
加入保険 社会保険 厚生年金 雇用保険 労災保険 
福利厚生 退職金制度有(勤続1年以上)
定年制 あり(60歳)※再雇用有65歳まで
社内研修制度 なし
産休・育休制度 産前産後休暇あり 育児休暇あり 
転勤の有無 なし 

問い合わせ先

部署 法人本部
担当者 千葉恭子
連絡先 0166-73-3730