株式会社ホンダベルノ旭川

掲載日 : 令和元年10月3日
ステータス : 募集中 UIJターン歓迎 


地元・旭川に根ざし、長らくホンダ車の販売・修理を行ってきたホンダベルノ旭川。誰もが知っているブランド力と幅広いサービス力で、顧客との長いお付き合いを目指しています。

旭川でホンダというブランドを守り続ける

—業務部次長の杉田龍介さんにお話を伺いました。

弊社は旭川でホンダブランド車の販売をしている会社です。
神楽店、末広店、豊岡店の三店舗からなり、地元に根ざした形で活動させて頂いております。旭川市と近郊8町村がメインの営業範囲になっており、遠方では稚内や天塩等でも販売を行っています。
ホンダはかつて2006年までベルノ店、クリオ店、プリモ店として異なる車種を取り扱う店舗に分かれており、弊社は長くホンダベルノ旭川として親しまれてきましたが、十数年前に全国でホンダカーズという名称に統一されました。これにより弊社でも全ての車種を取り扱えるようになりました。
また、旭川には、他にもホンダ車を取り扱う店舗がありますが、こちらは別会社が運営しています。

reDSC_0048

まずは初心者でも大丈夫

—今回の募集について教えてください。

各店舗には営業、サービス、事務部門の三つの職種があります。営業スタッフはホンダブランド車の販売、サービススタッフは自動車の修理・整備を主な業務としています。
だいたい各店舗には16~18名のスタッフがおり、平均年齢は30歳です。そのうち営業は各店舗6名ずつ18名、サービススタッフは8~10名ずつ30名程度です。サービススタッフの業務はホンダで販売した車だけというくくりはなく、例えば販売したご家族の車(他社のものも含む)の車検や事故車の修理等、ホンダ車以外でも何でも対応しております。
車に興味を持っている方であれば初心者でも大丈夫です。整備士になる方がだんだん少なくなっている中で、なりたいという方は資格がなくても受け入れ、入社してから取得を推奨しています。
一例として、新卒で入社した末広店のサービススタッフがおります。動機は車をいじってみたいということから、無資格で普通高校から入社しました。最初はわからないことだらけなので、まずは洗車からはじまり、先輩に教えてもらいながらひとつずつできることを増やしていき、現場である一定期間仕事をすると、「資格を取るための条件」を満たすことができます。そこから整備振興会というところに半年通ってもらって働きながら資格を取ることができます。
資格取得の費用は会社で全額負担しています。やる気を持った方であれば会社の方で全面的にバックアップさせていただきます。
サービススタッフには30名も先輩がいますし、年齢層にもあまりばらつきがないので、年齢が近い方とは悩みを分かり合えたり、うんと年上の先輩には頼ったりしやすい環境にあると思います。

長く働ける職場であるために

入社後は三店舗のいずれかに配属され、旭川市以外への転勤はありません。人員の補強やバランス調整がない限りは、基本的に市内の店舗異動もあまりしないようにしており、腰を落ち着けて長く働ける環境にあります。
お客様から見て知っているスタッフが居なくなってしまうと、お付き合いが途切れてしまうこともありますし、車は買って終わりではなく、買って頂いてからが本当のお付き合いの始まりだと思いますので、長く一つの店舗で働いて欲しいと思っています。
店舗間の交流等はあり、サービススタッフは忙しい時に手伝いに行ったりします。
年に2回全社員が集まって観楓会やビジネスミーティングを行う機会があります。ビジネスミーティングとは、4月に行われる今季の経営方針の話や懇親会と、9月に行われる半期終了時の下期に向けての顔合わせのことで、今年は北広島で一泊旅行でした。
また、お盆休み等の大型連休がきっちり取れるのも弊社の特徴です。お店自体を閉めてしまうので、GW、夏休み、お盆休み、年末年始は完全に定休です。

営業スタイルとして、SNSはやりません!

—新車課係長 竹部雅人さんにお話を伺いました。

僕はもともとは京都府に住んでいて、2010年に北海道に移住してきました。理由は、スノーボードがやりたくて(笑)。移住先を決める時に、地図を開いて北海道の真ん中、山近くの盆地で災害も少なそうなイメージの旭川が目にとまりました。
営業の仕事をしており、新車だけでなく中古車も取り扱っています。なかなか定時には帰れませんが、水曜日が定休日なので、休みのたびに山に行って遊んでいます。
この会社の良いところは、マニュアルや決まり事が少なく、ある程度自由に仕事を任せてもらえるところです。また、トップダウンでノルマが課されるのではなく、自分で目標を決めることができます。
ホンダのブランド力は、営業のやりやすさが違いますね。お客さんからも信頼を得やすいです。例えば、中古車の販売会があったときに、ディーラー主催というだけで売れ行きが10倍も違ってしまうほど、ネームバリューは威力を発揮していると思います。
やはりディーラーにはしっかりとした工場もありますし、安心感があるのでしょうね。逆に言うと、皆に知られている分、変なことはできないな~という緊張感はありますが(笑)。
僕の営業スタイルとして、以前使っていたスマホをフィーチャーフォンに変え、プライベートでもSNSなどは一切やらないようにしています。お客さんの個人情報を預かる仕事ですし、情報が流出する原因をできる限り少なくし、信用を損なわないように気をつけていますね。

—どんな人に来てほしいですか?

互いに競争し高めあえる仲間が欲しいです。営業ですから、毎月毎年結果が数字に出てしまいますが、僕より売れている人から積極的に話を聞きたいと思い声をかけています。
大変なこともありますが、ネガティブなことを言うのではなく、その状況を楽しめるくらいの前向きな方がいいですね。

何からでも学ぼうとする姿勢

—未来の仲間にメッセージを。

僕がずっと思っているのは、まず会社に稼ぎに行くのではなく勉強しに行くのだと思ったらよいのではないかということ。接客する際にも、自分より年配の方とか、もっと車に詳しい方などに色々なことを教えてもらえる仕事ですから、お給料をもらいながら毎日勉強という意識が強いですね。
お客さんとプライベートで遊びに行くことも頻繁にありますが、そこでも教え教えられの良い関係を築いています。仕事、プライベート問わず、何からでも学ぼうとする姿勢が大切ですね。
興味のある方はとりあえず一度入って一緒に働いてみましょう!とここはオーソドックスに言っておきます(笑)。入ってみないと分からないこともありますからね。
お待ちしております!

企業概要

企業名 株式会社ホンダベルノ旭川(かぶしきがいしゃほんだべるのあさひかわ)
所在地 〒070-8005
北海道旭川市神楽5条9丁目1番3号
電話番号 0166-69-5500
FAX 0166-69-5501
メールアドレス v-asa011.vhk02@honda-auto.ne.jp
ホームページ http://www.hondacars-asahikawa.co.jp
創業 昭和55年7月23日
従業員数 65人
業種 自動車小売業
事業内容 自動車の販売・修理、hondaブランドの自動車販売ほか
本社・支社等情報 神楽店 所在地:北海道旭川市神楽5条9丁目1番3号  電話番号:0166-61-7211
末広店 所在地:北海道旭川市末広1条8丁目1番35号 電話番号:0166-57-6321
豊岡店 所在地:北海道旭川市豊岡4条4丁目5番8号  電話番号:0166-32-7211
はたらくあさひかわプラスで
求人情報を見る