求人企業様宛

今後ますます深刻化する人手不足に対応するために外国人の採用を検討する企業が増えていますが、どのように採用したら良いのか?採用後に気をつけるべきことは?など分からないことが多いと思います。旭川市では、そんな疑問を解消し、適 […]

少子高齢化や人口の道外流出、求職者の大手志向など、道内中小企業の労働力確保はますます困難な状況です。女性や外国人、高齢者など多様な人材の能力や特性を最大限に発揮することで生産性向上を図る取組が、企業の力を高める経営戦略と […]

少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少により地域産業の人手不足が社会問題化しています。こうした背景を踏まえ,上川総合振興局では、「多様な文化や背景を持つ外国人をどのように地域で受入れ、ともに働き、共生していくべきか」をテーマ […]

北海道と道内市町村では,「UIJターン新規就業支援事業」を実施します。この事業は,UIJターンを促進するため,東京圏から対象市町村に移住して就業した方に対し,最大100万円の移住支援金を支給するものです。 この移住支援金 […]

北海道では、「多様な人材の安定就業促進事業」として、地域企業に情報発信力や採用力の向上を促すとともに、就職後に若者が感じる企業情報や就労地域情報などのミスマッチを解消することで、良質で安定的な正社員雇用の創出及び定着を図 […]

「北海道で働こう応援会議」は、北海道の若者の道外流出傾向に歯止めをかけ、「地元に残ってほしい」「地元に帰ってきてほしい」という道民の思いと「北海道で働きたい」という若者の思いをつなぐため、道内の行政機関、経済団体、学校、 […]

旭川市では働き方改革推進の一環である柔軟な働き方がしやすい環境整備のため、多くの方に「テレワーク」や「クラウドワーキング(インターネット上で仕事を受発注できるクラウドソーシングを使用した非雇用型の在宅ワーク)」に触れてい […]

障害者雇用率が話題になっている今、障害者の雇用で企業を成長・発展させている会社があります。 日本理化学工業株式会社は、障害者雇用率7割で、チョークの生産では国内シェアNo1の実績を誇りますが、その美唄工場長でもある西川一 […]

  • 1
  • 2