募集休止中

株式会社コサイン

掲載日 : 平成29年5月19日
募集職種 : 一般経理事務スタッフ
ステータス : 募集休止中 


「木」「つくり手」「使い手」が共にあるような、長く暮らしに寄り添う生活道具を作り続けてきた株式会社コサイン。小物から大型家具やおもちゃなど、家全体をカバーする幅広い品揃えで、豊かなライフスタイルを提案しています。

玄関から子供部屋まで

—代表取締役社長の星 幸一さんにお話を伺いました。

弊社は、北海道・旭川で木のものづくりをしている会社です。「木」「つくり手」「使い手」が共にあるような、長く暮らしに寄り添う生活道具をモットーとし、木の素材感が際立つシンプルな美しさを大切に、確かな技術でものづくりに向き合ってきました。長くお使いいただくことを考え、お客様とのつながりを大切に、おかげさまで来年30周年を迎えます。

DSC_0068

—御社を立ち上げるに至った経緯を教えていただけますか?

旭川で職人として働き始めた時、私は訓練校を出たての16歳でしたが、そこで生涯の恩人と出会ったことが全ての始まりと言えます。その方は旭川の家具業界の恩人とも言える方で、その元で11年勤めた後は、道立の高等技術専門学校で7年間、木工科の指導員をしていましたが、その間もお付き合いさせて頂いておりました。紆余曲折を経て、その方の会社が新社屋を建設した際に、「1階のフロアを用意してあるから一緒にやろう」と声をかけていただいて、弊社は誕生しました。家具を作る過程でどうしても余ってしまう短材で作った木製のスイッチカバーが最初の製品です。
今では玄関から子供部屋や寝室までの幅広い製品構成が弊社の自慢の1つですが、長い年月をかけて生長した木に感謝を込め最後まで使い切るという考え方が、コサインのものづくりの原点にあるのです。

売ることも自分たちで考える

一番大事なのは、生活の道具として長く大切に使っていただく事であり、「これは鉋で削らないとダメだ」とか、必要以上に方法にこだわるような事はしません。いいものをより多くの方に届けるために、出来る事は何でもやる姿勢ですね。それはものづくりの工程だけではなく業態にも及び、近年は自分たちの考えで作って売る、製造・小売業という形を目指して営業しています。今は旭川、東京・青山、WEBで直営販売を行なっており、まだまだ実験に近い段階ですが、青山が成功すればそのノウハウを活かして、全国の都市に直営店を置ける様になりたいと考えています。また、パートナーショップとして弊社の商品コーナーを設けていただける店舗も少しずつ増えてきています。
近年は、1つ1つの製品の付加価値や存在感だけを求めるより、トータルで「コサインの製品に囲まれた生活」をプロデュースしていく事を重視していますので、それらを目に見えてご提案するためには、ある程度のスペースが必要になってくるのです。

DSC_0098

不可欠な、デザイナーの協力

自社で品揃えの計画を作り、必要なピースを埋めていく過程では、社員の提案をそのまま採用する事もあれば、外部のデザイナーに依頼して製品を開発する事もあり、適材適所です。プロがそれぞれの得意な事に力を発揮するのが一番だと思い、弊社ではプロの職人として、早くからプロのデザイナーに協力していただいて製品を作ってきました。現在も複数人のデザイナーにチームを組んで弊社の製品の一部をデザインしていただくなど、その時のコンセプトに合った方が担当する事で、より良い製品が生まれると考えています。
近年では、通常ラインの「cosine」、高級ラインの「cosine collection」に続く社内ブランド「cosine TOY」として子ども部屋を彩るおもちゃ作りにも力を入れ始めたところです。

—その他、大事にしている事はありますか?

良い家具は100年使える素晴らしい生活の道具だと思います。ですが、そのために100年、200年を経た材料を使って、仕事をさせていただいているという事を忘れないように心掛けています。木という材料は私たちの仕事の根底にあるもので、その意識を無くしては、この仕事自体が成り立たないのです。

DSC_0049

—どんな人材を求めていますか?

事務職でも木工職人でも、職種は違えど同じ目標に向かう仲間ですから、職務に必要な能力もさることながら、会社の理念を共有して「お客様の為」はもちろんのこと、旭川の産業を支える一員としての自覚を持って一緒に頑張ってくれる人と働きたいですね。
過去には「ものづくりさえ出来れば給料も要りません」と言った人もいましたが(笑)、それも違うと思うんです。ものづくりを通して、使う側も作る側も皆で豊かになる事ができなければ、この産業自体が無くなってしまいますよね。

みんなで参加する“つくりたがり屋”

—経理・総務の仕事内容について教えて下さい。

会社の大蔵大臣であり、注文があれば伝票発行も行ないます。会社の福利厚生全体に携わっていただきます。信頼できる方にお金の流れなどを把握してもらい、私に解かりやすく提示してくれると有り難いですね。
弊社のオフィスと工房がある旭川木工センターという地域は、木工技術を持つ会社11社が集う団地で、そこでは毎年「モクモクフェスタ」というイベントを開催しています。
そのお祭りに合わせて弊社では“つくりたがり屋”と称して、端材を使ったピアスなど社員が作りたいものを作って販売しているのですが、これは職人に限らず全員参加です。これを毎年楽しみにして来て下さる方も多いんですよ。
女性社員も多く青山の店舗も合わせて社員全体の半分以上が女性という状態です。工房にも5名の女性が活躍しており、細かく根気のいる作業など女性ならではの特性を活かして、より良い製品づくりに貢献してくれています。

DSC_0114

—どんな時にやりがいを感じますか?

昔からユーザー登録のハガキを使って、沢山のお便りをいただいてきました。今は手段が紙からWEBに変わりましたが、「使ってみて良かった」「息子に取られたからもう1つ買いたい」とメッセージが届いた時の喜びは変わりません。百貨店などの取り扱いが終了した売り場にお客様から問い合わせがあって購入していただけたり、それをきっかけに売り場が再開した事もあります。自社の商品が愛されていて、ファンの存在を感じる瞬間には心底「やってて良かった」と思えます。

—応募を考えている方にメッセージをお願い致します。

木を大切にしながら、お客様に長く大切に使っていただけるものづくりに取り組む。どんな職種であっても、弊社の社員はこのシンプルな目標に一緒に向かうチームの一員として頑張って欲しいと思います。会社としてもできる限りのサポートをしてまいりますので、是非ご応募ください。

企業概要

企業名 株式会社コサイン(かぶしきがいしゃこさいん)
所在地 〒079-8453
北海道旭川市永山北3条6丁目2-26
電話番号 0166-47-0100
FAX 0166-47-7450
メールアドレス hoshi@cosine.com
ホームページ http://www.cosine.com
創業 昭和63年
従業員数 23名
業種 木工製品製造小売業
事業内容 ダイニング・リビング・スツール・ラック・ミラー・コート掛け・時計・玩具・ギフト商品・その他
本社・支社等情報 旭川市内事業所情報: 本社に同じ
その他事業所情報: 「コサイン青山 青山営業所」 〒150-0001 東京都渋谷区神宮前2-5-4 SEIZAN 外苑 101  TEL:03-3470-7733

勤務条件

就業時間 8:00~17:00(うち休憩70分)
休日・休暇 日曜日 祝日 年末年始 夏季 その他 (バースデー休暇、会社カレンダーによる休日 週休二日制(隔週))
加入保険 健康保険 厚生年金 雇用保険 労災保険 
福利厚生 退職金共済(正社員)
定年制 あり(一律60歳 ・ 再雇用あり 65歳まで)
産休・育休制度 産前産後休暇あり 育児休暇あり 
転勤の有無 なし 

問い合わせ先

部署 総務部
担当者 関口竜子
連絡先 0166-47-0100