株式会社 石山工務店
野津さん,小島さん

お客様のあらゆるニーズに応えるハウスメーカー、石山工務店。
そこで働く若手社員、営業の野津優希さんと設計の小島裕士さんにお話を伺いました。

株式会社 石山工務店

信頼と実績があり、仕事がしやすい環境

—どのようにお仕事を進めていくのですか?

小島:住宅の平面図、プランニングから始まって、お客様と打合せをしながら、詳細な図面を作って、必要な申請業務もやり、最後までお付き合いをしていきます。

野津:一般的には、まず営業担当がお客様と打ち合わせして、予算や家の好みなど、「どういう家を建てたいのか」を伺います。石山工務店は商品のラインナップが多彩なので、お客様のご要望に合わせて商品を提案し「どんな住み方をしたいか」ということまで聞き取ってから設計とプランニングを始めます。

弊社の営業は、OBのお客様の紹介や協力業者さんの紹介で繋がっていくことも多いのですが、住宅関係の展示品や家具などを見に来られる来店型のお客様もたくさんいらっしゃいます。弊社はすごく地域に密着している会社なので、旭川に住んでいる方は石山工務店を知っていただいている方も多く、さらに旭川圏の新築部門で7年連続トップシェアということもあって、「最初は石山工務店に行ってみよう」というご家族も多いです。そういう面でお客様とのお話が進めやすい環境だと思います。

DSC_0174s

営業・設計・工務・コーディネーターの4人のスタッフで家をつくる

—小島さんはUターンということですが、旭川にもどるメリットはありますか?

小島:高校まで旭川で、卒業して3年間札幌でまったく別の業種で働いていましたが、建築デザインの専門学校に通って、卒業後に戻ってきました。旭川は住み慣れた街なのでどこへ行くにしても行きやすいですね。札幌ではそうはいかなかったので…。旭川と比べると札幌の方が都会ですけど、旭川にも家具とか動物園とか札幌に負けてないところがあって、部分的に見るとそれぞれ一長一短のところがあるので一概にはいえないのかなぁと思います。

—今の役職は、当初から希望していたものですか?

野津:建築の学校を卒業後入社して、営業に配属されました。正直、営業に対し苦手意識がありましたが、仕事をしていくうちに、既存のイメージのようなノルマの厳しい営業ではないとわかりました。目標設定もその人にあったものが設定されますし、先輩がついて指導してもらえます。わからないことがあっても、営業と設計と現場監督とコーディネーターが1つのチームとして一緒に仕事しているので、心強いのです。

DSC_0152s

小島:私はもともとは住宅よりももっと大きなものの設計をやりたかったんです。そうなると設計事務所に入るか、大手のゼネコンに入るかしかないので、それもどうかなぁと迷っているところに、石山工務店の求人があって入社することになりました。当初やりたかった大きな規模の建築と比べれば一般住宅は小さいですが、入社してみると、住宅にも詰まっているものがすごく大きいと解かってきて。お客様とやりとりをして細かいご要望に応えながら一つのものをつくるのは思ったよりも大変ですけど、その分やりがいがあるし、楽しいんですよ。

DSC_0146s

去年から、お客様との打合せに、営業、設計、コーディネーター、現場監督の4人全員が毎回参加しようという方針になり、お客様と接する機会が増えました。4人全員が揃っているとそれぞれ得意不得意が分野によってあるので、お客様がいるその場で打ち合わせてやり方を決定することができて、打合せがスムーズにいっています。

—仕事をする上で、一貫して心がけていることはありますか。

小島:設計の仕事なので、「ミスなく」は当然で、なおかつわかりやすい図面を書くようにしています。細かな仕事ですから線の一本一本に気をつけながら描いて、何回も見直しをして、最後に別な人に見てもらっています。また、図面は職人さんや業者さんに渡るので、誰が見てもわかる図面になっているかチェックします。

野津:住宅を建てるということはほとんどの人にとって一生に一度のことですから、その分責任の重い仕事だと思っています。どの部門であってもミスがあってはならないし、とりわけ営業はお客様に信用していただくことが重要ですから、建設途中にお客様が不安にならないように気を配って様々な面でフォローしていくようにしています。

 

DSC_0186

共通しているのは「ものづくりが好き」という事

—職場の人間関係、雰囲気はどうですか。

小島:石山工務店は年中行事もたくさんあって、大工さんなんかも含めて仲良くやっています。今年は99名で層雲峡に旅行した新年会から始まって、花見、ゴルフ大会、釣り大会、ボーリング大会なんかもやっています。

野津:その他に安全大会というのもあって、業者さんを集めて交通安全や、現場の安全管理について再度確認したりする行事を毎年行っています。弊社は安全に関してはとりわけ重点をおいています。

—この仕事は、どんな人に向いていると思いますか。

ものづくりが好きな人じゃないと楽しめないかも知れませんね。どの部門でも、それぞれの立場で「家をつくる」ということで協働していて、色んな性格の方がいます。ただ共通しているのは、皆さん好きでやっているところだと思います。ものづくりが好きということが何よりも大切だと思います。

—最後に、これから入社してくる人に向けてメッセージをお願いします。

小島:ぜひ自分の強みを見つけてください。私は、誰でもどこかに強みを持っていると思っています。ただそれをどう活かすか、どう伸ばすかは本人次第で、強みを伸ばすことができればどんどん自信がついて、今度はそれを軸にして枝分かれして他の部分も伸ばしてどんどん成長していけると思うんです。ですから、強みを見つけてほしいですね。

野津:まだ仕事をしていない学生さんは、どんな仕事が楽しいかということはわからないと思うんですけど、好きなことをやって楽しくて、お給料をもらえる方がいいと思うので、やりがいを早く見つけて自分の業務に誇りを持てるようになってほしいですね。そうすると毎日が楽しくなっていくんじゃないかなと思います。

DSC_0184s

株式会社 石山工務店